TZR50との出会い

私が20年以上前に発売された原付レーサー「TZR50」に乗ることになった経緯を、簡単に説明しますね。

そもそも私は、二輪四輪を問わずモータースポーツが大好きで、MotoGPも毎回スカパーで見ています。
MotoGPではロレンソが好きですが、やっぱり二輪のライダーってカッコイイですよね。
そんな憧れもあり、自分もあんなふうにバイクを操ってみたいなぁ~と思い、とりあえず普通二輪免許を取得する事にしました。
初めて教習を受ける前は、ちゃんと乗れるか心配だったり、免許を取ったらどんなバイクの乗ろうか考えたり、ドキドキしていました。
そんな不安とは反対に、いざ教習が始まると順調に内容をこなしていく事ができ、気が付けば普通二輪免許を取得していました。

ただ、この時点でバイクに対する情熱が少し冷めていました。
何故なら、教習車のCB400が非常に乗りやす過ぎて、バイクの運転ってこんなもんかぁ?
ちょっとつまらないなぁ~、と思うようになったからです。

そんな事もあってか、一時期バイク購入を辞めようかと考えていましたが、折角免許を取得したし、とりあえず購入する事にしました。
CB400の件もあるしネイキッドはパス、ビクスクはスポーティーじゃないからパス、結局MotoGPのようなフルカウルバイクが欲しくなり、ネットで検索すると・・・

現行ではninja250とCBR250しかないじゃないですかぁ~

もちろん、両方ともフルカウルでカッコイイといえばカッコいいんですが、カウルがMotoGPみたいにカッコよくないし、本当にセパハンって感じではないんですよね。
さらにネットで検索すると、TZR250やNSR250、γ250を見つけました。

中でもTZR250は即決でしたね。
このバイクを購入する事に決めました。
そして、TZR250について調べてみると・・・

発売されたのは20年前!!
2stってあるけど、2stって何?
部品がない。
素人には維持できない。
運転が難しい。
自分で整備できないと、凄く維持費がかかる。

悪条件ばかりで、非常に面白そうです(笑
恐らく、今後2stレプリカは発売されないし、購入したら一生乗りたいと思いましたが、ここで問題が・・・
実は私、整備関係は全く知識がないのです。
素人がいきなり250ccの整備を出来るわけがないし、まずは50ccのバイクでも修理してみるか、と思い購入したのがTZR50です。

それがこれ↓
TZR50レストア前
オークションにて1万円で購入しました。
外装を含め欠品多数!!

TZR50レストア前のハンドル周り
しかも、この壊れ方、フロントからクラッシュしてますよ(汗
まさか事故車だったとは・・・
フレーム逝ってるかもしれないし、少し後悔。
まぁ、せっかく購入したので、コツコツ直すことに。

TZR50リアブレーキ
TZR50フロントブレーキ
ブレーキ、タイヤ、エンジン、フロントフォーク、とにかくバラしていきます。

TZR50フロントホイール
タイヤとホイールベアリングを交換して・・・
TZR50エンジン
色々な所をひたすら修理、オーバーホールしてやっとエンジンに着手。

TZR50
長い道のりでしたが、やっと完成しました!!
そして、いざ乗ってみると原付とは思えない加速。
濃い目のセッティング、CDI以外フルノーマルで最高速は90km!!(公道での計測ではありません。)
しかも運転が難しい。
けど、CB400より面白く、原付でこんなに楽しめるとは嬉しい驚きでした。
もちろん、TZR250の購入計画もありますが、最後の部品がなくなるまで、TZR50に乗り続ける事を決意しました。

ちなみに、普通の工具やTZR50用の特殊工具、部品代含め30万円くらいかかりました(笑
でも、今後TZR50が故障した場合、全て自分で修理が行なえるので、まぁ先行投資みたいなものです。
普通の工具は、車やTZR250の整備にも使用できますしね。

でも、30kmで公道を走るのは苦痛なので、今後はボアアップをしたいです。