アイドリング回転数の調整

アイドリング回転数の調整は、マイナスドライバー1本で出来る簡単な作業です。
(下記説明用の画像では、見やすいように左側のサイドカウルを外しています。 しかし、短めのマイナスドライバーがあればサイドカウルをつけたまま作業できるので、サイドカウルを外す必要はありません。)

まずはエンジンをかけて暖気するもよし、慣らし走行するもよし、どんな方法でもいいのでエンジンを暖めてアイドリング回転数を安定させましょう。

次に車体左側、キャブレターを見てみましょう。
TZR50のキャブレター

下画像の赤丸部分、マイナスのネジを回してアイドリング回転数を調整します。
TZR50の標準アイドリング回転数は1400rpmです。
1400rpmに調整しましょうと言いたいところですが、アイドリング回転数は季節やセッティングによって変わってきます。
それじゃどれくらいが目安かと言うと、私はエンジンが暖まった状態で、エンストするよりちょっと高めのアイドリング回転数に調整しています。
もちろん1400rpmで問題なくアイドリングしているなら、そっちほ方がいいと思いますが。
ちなみに、時計回りに回すとアイドリングが高くなり、反時計回りに回すとアイドリングが低くなります。
アイドリング調整

調整が終ったらアイドリング回転数が安定しているかを確認します。
以上で調整終了です!!

使用した工具

短めのマイナスドライバー
名称:短めのマイナスドライバー

短めのマイナスドライバー
名称:短めのマイナスドライバー